ホームページとは

ホームページについて簡単に説明するサイトです。

JavaScriptとは

ホームページなどでポップアップなどのアクションや視覚効果などを表現する際に使われるプログラム言語です。javaというプログラム言語とは別物です。別物でありますが、わかりやすい記述方法と、少ないコードで軽量に万能に動作するので、一般的なホームページ全般で利用されています。
記述方法として下記ページよりサンプルコードを記載します。
http://javascript.eweb-design.com/0901_rc.html
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
// 右クリックすると警告ウィンドウを表示する
function alt() {
window.alert("右クリック禁止");
}
//-->
</SCRIPT>

上記のようにホームページのHTMLタグ内に書き込むことで、このコードであれば右クリック禁止という警告ウィンドウが表示されます。
Javascriptはホームページ上で画像・文章・音などを利用し、様々な形でアクションを起こすことが可能であり、上手に使うことでホームページでの視覚効果、ユーザビリティをアップすることが出来ます。
しかし、乱用してしまうとユーザーのストレスとなり、リピート率がかなり下がります。上記のコードを例とすれば、良いページだからソースを見たいなと思ったのに、Javascriptで警告が出る為に、嫌だと感じたユーザーはそれ以降見てくれなくなる可能性もあります。同時に、ポップアップウィンドウを使い、新着お知らせや強制的に他のページに誘導するようなJavascriptを記述してしまうと、やはりリピート率が下がります。
逆に、キーワードに対するヘルプや、文字入力時のアドバイスなど、ユーザーにとって優しいJavascriptの使い方をすれば、リピート率がとても高くなります。どちらにしてもアクションを起こすということはページが重たく感じられますので注意が必要です。
学び方としてはサンプルなどを見たり、自分の好きなホームページでどんなJavascriptが使われているのかを参考にすることで、Javascriptがどんなものなのかを更に把握することが出来ます。
現在はひとつのJavascriptの.jsと呼ばれるデータを配置しておき、それらを柔軟に呼び出すような形でアクションを表示する形が多いです。ただ、予め作られたものを設置するだけでは勉強にならないので、テキストエディタなどでそれらを見て、どのような仕組みなのかを少しずつでも学ぶことが大切です。
ページのトップへ戻る