ホームページとは

ホームページについて簡単に説明するサイトです。

HTMLとは

Hyper ハイパー Text テキスト Markup マークアップ Language ランゲージ 上記の頭文字を取った略称です。人間が作成した文章はパソコンが認識する時に、この部分はタイトル、この部分は文章、ここはリストなどの構造的な判別が出来ません。 HTMLタグと呼ばれる入れ子式の記述をすることにより、人間の文章を構造化することを指します。 例として
<html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
<h1>ホームページのタイトル</h1>
<p>内容</p>
</body>
</html>
実際に表示されるのは ホームページのタイトル 内容 上記のみになります。サイトのタイトルという部分はウェブブラウザのタブなどに表示されます。 基本的には上記のようにで始まり</>で括ることで構造化します。拡張子としては.htmlや.htm、.xhtmlとなります。 文章を構造化しパソコンに認識させることで、インターネットというオンラインのネットワーク上で管理・閲覧することを目的としたプログラム言語です。 ウィンドウズのメモ帳などで編集・作成することが可能ですが、一般的にはホームページビルダーなどのホームページ作成ツール、またはワードプレスなどのブログシステムでHTMLを理解していなくても、自動的にHTMLタグを生成する方法でホームページを作ることが多いです。 HTMLとセットになっているのが、スタイルシートと言われるページの表示を調整する言語です。例としてあげたHTMLタグの構造化だけでは、パソコンが理解出来ても人間には構造化が見えません。HTMLタグにスタイルシートを適用することで、使うことで人間が見た時にわかりやすく表現することが可能となっております。スタイルシートの拡張子は.cssです。 HTMLについて学ぶとWebページを作成する際に役立ちます。Webページを作成するということは、世の中に情報を発信することが可能ということです。自動生成されるツールを使うのも良いですが、平文・プレーンテキストで作成出来るように学ぶことで、ソースと呼ばれる文章が構造化されたものを見て、どんな仕組みになっているのか理解が出来るようになります。 SEO対策などでキーワードや検索エンジンに対する対応などを意識したページも多々ありますが、それらは検索エンジンから閲覧しに来たユーザーに対し、必ずしも良い文章であるとは断言できません。基本的にはHTMLを理解して、しっかりとした構造化をする。そして文章・内容については、人間・ユーザーに対してユーザビリティを高めることがとても大切です。
ページのトップへ戻る